斜視・弱視について

  • HOME »
  • 斜視・弱視について
Pocket

当医院に来られる患者様から

といった相談をよくお受けいたします。
当医院では丁寧な診察・治療だけでなく2階で眼鏡を
見ていただきながらの相談もお受けしております。
弱視
日常の見え方で検査 自覚的検査も両眼開放下で行います。
眼の位置を重視し、眼位検査も視力に反映されます。
オートレフは両眼開放、コンピュータ検眼も両眼開放です。
散瞳検査は必ず行い、点眼薬での検査も必要で参考とします。
本人が見えるのを優先し、3歳以上では本人が少しでもよく
見えるようにいたします。
眼鏡にも細心の配慮をしてお薦めいたします。

斜視

Facebook

最近の活動状況を
ご覧になってください。

スタッフ

日本最高級眼鏡士(トリプルS)と視能訓練士というダブル資格を有する眼鏡博士があなたにより快適な視力をご提供させていただきます。
また、全スタッフが何らかの専門資格を持ち患者様に安心して治療をしていただけるようにがんばっております。


認定眼鏡士制度ガイドライン
http://www.megane-joa.or.jp/zyuken/guideline.html

山中先生の研究発表

第65回日本臨床視覚電気生理学学会

アクセス

〒657-0023
神戸市灘区高羽町2丁目10-13
Tel.078-851-0705
診療時間
午前10:00〜12:30
午後 2:30〜 6:00
木・土午後、日曜・祝日休診

PAGETOP
Copyright © 山中眼科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.