医院案内

  • HOME »
  • 医院案内

緑内障や網膜剥離の早期発見と予防治療、そして近視予防などに特に力をいれています。緑内障や網膜変性の早期発見が三次元光干渉解析装置OCTで可能になりました。
従来は視神経(乳頭陥凹)や、網膜表層の神経線維NFLDの欠損が早期の緑内障発見のポイントでしたが、OCT光干渉解析装置では、そのNFLDの異常が出る前の段階から異常を見つけます。
従来の眼底写真では見る事が出来ない網膜内部のガングリオンセルGCCレベルの細胞層の異変を見つけます。
要するにOCT撮影で緑内障で視野障害が進行する前の超早期発見も可能な時代となりました。
当医院ではいち早くこの三次元光干渉解析装置OCTを導入し、患者様にクオリティーライフを高めるためのサポートをさせていただいております。
少しでもおかしいなと思う事があれば、お気軽にご相談してみてください。

Facebook

最近の活動状況を
ご覧になってください。

スタッフ

日本最高級眼鏡士(トリプルS)と視能訓練士というダブル資格を有する眼鏡博士があなたにより快適な視力をご提供させていただきます。
また、全スタッフが何らかの専門資格を持ち患者様に安心して治療をしていただけるようにがんばっております。


認定眼鏡士制度ガイドライン
http://www.megane-joa.or.jp/zyuken/guideline.html

アクセス

Click to open a larger map

〒657-0023
神戸市灘区高羽町2丁目10-13
Tel.078-851-0705
診療時間
午前10:00〜12:30
午後 2:30〜 6:00
木・土午後、日曜・祝日休診

PAGETOP
Copyright © 山中眼科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.